2009年12月 6日 (日)

湯立て講社

私は年に数回、「湯立て講社」という諏訪神社での勉強会に参加しています。

 

今日のテーマは『結婚式』でした。

 

お話を伺ったあと、衣冠束帯と十二単の着付けの実演がありました。

 

Photo

Photo_2

Photo_3

 

モデルは私が親しくしてもらっている友人ご夫妻happy01

 

いやー着付けたいへん(^_^;)

 

でも「出来上がり」は見れても着付けしているところはめったに見られないそうで、

 

神社の方も「公開するのは初めてかも」と

 

おっしゃっていました。

 

見れて良かったです(*^_^*)

 

 

諏訪神社で見かけた風景

 

Ca3e0022

 

初詣の準備が始まっていました。

 

いよいよ年の瀬です。

2009年9月27日 (日)

くんちでクリーン

長崎くんち塾の催しで有志数名が諏訪の神様が通られる道を中心に清掃活動をしました。

 

Cimg2731

 ↑ 色んな町のTシャツが大集合!

 

Cimg2732

 ↑ けっこうゴミありました(-"-)

 

Cimg2734

 

その後は同じくくんち塾の「公開例会」

 

各町の見どころの紹介です

 

Cimg2735

 

筑後町メンバーもご挨拶

 

「くんち375年展」は見応え満載!

 

是非足をお運びください!

2009年9月 6日 (日)

くんち資料展

長崎新聞の記事を見て

 

早速 長崎市歴史民俗資料館に行って来ました。

 

Cimg2460

Cimg2461

 

大浦お慶が寄進したと言われる油屋町さんの傘鉾の垂れや

 

今年の踊町の手拭い

 

ほかにも古い衣装や太鼓などが展示されています。

 

決して広い会場ではありませんが、

 

くんち好きには興味ある資料が展示されています。

 

入場無料 10月18日まで

 

場所は原爆資料館の敷地内です。

 

2009年8月23日 (日)

練習見学

プライベートのお話です。

 

私は毎年くんちの練習を見に行くのを楽しみにしています。

 

練習見学をしないと夏が来た気がしません。

 

さすがに今年は他の踊町さんの練習を見に行くチャンスはなかなかありませんでしたが、今日は練習が休みの日曜日

 

伝統芸能振興会のサイトでチェックして八坂神社と諏訪神社に行きました(^^)/

 

残念ながら上町さんの練習は昼間の諏訪神社・夕方の八坂神社とも見ることができませんでした(+_+)

 

特に昼の部は検番が1回だけの場所踏みということで行きたかったのですが残念です(;_;)

 

でも八坂神社で練習を終えた上町さんの子供たちをパチリ!

 

Cimg2192

 ↑ がんばれー!

 

そのあとの今籠町さんの場所踏みはバッチリ見ました。

 

やっぱり本踊りはよかです(*^。^*)

 

Cimg2194

Cimg2196_2

Cimg2198

 ↑ 地方さんには鳴り物も入って すごくいい雰囲気でした

 

 

場所を移して諏訪神社

 

鍛冶屋町さんの練習を見学

 

Cimg2207

 ↑ この七福神が寶船に乗って入場するシーンは圧巻です!

 

Cimg2209

 ↑ 船をバックに七福神の踊り

 

Cimg2204

 ↑ リバースアングルの船廻し

 

演出、練習の進め方、踊り子さん・地方さん・お師匠さん・根曳衆・町方の皆さんから伝わって来る熱気・・・

 

すごく参考にもなったしパワーをいただきました。

 

今籠町さん、鍛冶屋町さん ありがとうございました<(_ _)>

 

また機会があったら見に行きたいです。

 

 

2009年5月22日 (金)

着付け教室

くんちではしばしば慣れない着物を着る場面があります。

くんち本番の踊り場では、町の役員や町方(ちょうかた)と呼ばれるスタッフは着物を着ます(スーツの人もいます)。

庭先廻りになると袴を脱いで唐人パッチ(ももひき)姿になって帳面をつけたり呈上札を配ったり・・・

そしてくんちの夕べでは再び袴を履かなきゃいけない・・・

そんな時、自分でパッと着替えたり着物をたたんだりする男性ってカッコイイですよねheart

朝着せてもらっても着崩れることもあるし、脱いだりしなきゃいけないこともあるからやっぱり自分で着れるようになりたい・・・

ってな訳で

2年前に集中的に着付けを勉強してほとんど一人で着れるようになりました。

が、

今年小屋入りを前に、いざ着てみようと思ったら「できない!!」

そこで今日はおさらいの着付け教室を開いてもらいました(筑後町主催ではなくprivateです)。

Photo

 ↑ 着物OK

4

 ↑ 次は袴

Photo_3

 ↑ 最後はたたみ方まで

2年前の貯金のおかげで、しばらくするとスムースに着れるようになりました。

やっぱり時々着ないとダメですね(^_^;)

2009年5月18日 (月)

検番体験

今日は龍踊と関係ない話題です。

長崎に根付く文化の一つに「長崎検番」があります。

すなはち・・・

江戸時代から続くプロの芸妓(げいこ)さんたちが所属する「芸能プロダクション」的な存在です。

我々《パンピー》は、「料亭で食事をして芸妓衆(げいこし)を呼ぶ」なんて業はなかなかできませんが、今日は「なかなか経験できない芸妓衆を呼んで料亭の味を楽しむ」という会に参加しました。

Photo

↑ 若手の芸妓さんたち。左から「葉づき(はづき)」さん・「玉羽(たまは)」さん・「花音(かおん)」さんです。

Photo_3

↑ こちらは《世界遺産候補(ウソですよ(^_^;))》の「桃勇(ももゆう)」さん=唄っている方 とその妹分の「三勇(さんゆう)」さん=マイクを持っている方 です。

このお二人は芸妓衆の中で三味線や唄を担当する「地方(じかた)」という呼ばれる方です。

ちなみに踊りを踊る芸妓さんは「立ち方(たちかた)」と呼ばれます。

桃勇姐さんのお座敷芸は絶品です!

本当に世界遺産に認定してもらいたいくらいです。

途中こんな荒業も ↓

Photo_4

「美代菊(みよぎく)」さんの『金の鯱鉾(シャチホコ)』です。

いいものを見せてもらいました(^^)/。

この他にもお客さんを巻き込んでのお座敷遊び満載の楽しい夜でした。

一緒に行った龍衆もベテラン芸妓衆とくんずほぐれつ・・・「チューリップ(※)」になってました。

ともあれ・・・

検番の芸妓衆を呼んでのお座敷は、いにしえの長崎風情を感じることができるまたとない機会でした。

※チューリップ・・・チューリップは長い茎の上に花を咲かせることから「ハナの下が長い」という意味です。 桃勇姐さんが教えてくれました(*^。^*)